Angebrisa wedding

レストランページへ

アンジェブリッサのスタッフブログ

今もなお、受け継がれるもの、、、

▼ editor|2017-08-10|アンジェブリッサからのお知らせ

皆様こんばんは!

 

いつもアンジェブリッサのスタッフブログを見ていただきありがとうございます!!

 

ただ今アンジェブリッサでは”卒業式の袴”をご案内しております☆

 

48.10ブログ 

 

”半年先”ではありますが、実は今予約のシーズンでもあるんですね♪

 

早めにご予約頂くことで、

 

”自分好みの色や、デザインをじっくり選べる”ことや

 

”当日のスケジュールを調整しやすい”メリットがあるんですね!!

 

当日の朝も限られた時間しかないと思いますので、

 

希望の時間で準備したいのも納得です☆

 

そもそも、なぜ卒業式には袴が着用されるのでしょうか?

 

多く着用され始めたのは、明治時代。

 

欧米文化が日本に広がりはじめ、女性は積極的に外へ出歩くようになったことで、

 

裾が気にならずに簡単に歩ける服装を求め”袴”が着用されるようになったそうです☆

 

着物に比べて着崩れしにくく、働く女性には大変ありがたいですね♪

 

明治から大正にかけて学校の女性教員が着るようになり、

 

それから昭和の初めごろまで袴は女学生の制服になりました☆

 

編み上げブーツに洋風のヘア、大きなリボンと、

 

日本と欧米が混じった素敵なファッションがブレイク!!

 

それから、漫画やTV、宝塚の影響もあり卒業式に袴が定着。

 

18.10ブログ 

 

袴を着ると、自然と背筋が伸び、きれいな姿勢で歩くことができるので、

 

女性を美しく見せてくれることや、礼装で優雅なのに機能性に優れていること、

 

時代はセーラー服へ変わりつつあるが、厳かな式典の場にふさわしい

 

”憧れの袴”として今もなお着用されています☆

 

新しい時代を生きる女性の象徴”卒業式”にぴったりなのではないでしょうか?

 

今は”卒業式の衣装”に決まりはありませんが、気になる方は一度着てみてはいかがですか?

 

8.10ブログ 3

 

きっと、新たな旅立ちの日に”素敵な思い出”が残りますよΣ(´∀`;)

 

お問い合わせは↓↓

 

「桂由美ブライダルハウスつくば」

address:305-0051 茨城県つくば市二ノ宮3-24-19

℡:029-855-3300

 

どうぞ気軽にお問合せ下さいませ♪

 

 

 

2×8=

▼ editor|2017-07-28|アンジェブリッサからのお知らせ

皆様こんにちは!!

 

いつもアンジェブリッサのスタッフブログを見ていただきありがとうございます!!!

 

本日は”お庭”のお手入れ☆

 

7.28 1

 

通称”ガーデン”にて、ドレス、タキシード姿で記念のお写真をパシャリ☆

 

7.28 2

 

白いお花を中心にピックアップ♪

 

7.28 3

 

ご来館の記念にお写真はいかがですか?

 

”気軽に見学したい!!”という方でも大歓迎です☆

 

スタッフ一同、皆様にお会いできる日を心よりお待ちしております♪

 

※2×8=庭(笑)でした…

熊出没『注意』

▼ editor|2017-07-27|アンジェブリッサからのお知らせ ,ウエディングアイテム

皆様こんばんは!!

 

いつもアンジェブリッサのスタッフブログを見ていただき誠にありがとうございます!!!

 

ウェルカムドールとして披露宴の受付でゲストをお迎えする”ベア”のぬいぐるみですが、

 

そもそもどうして”熊”なのでしょうか?

 

熊(bear)には、生む(子宝に恵まれるように)と耐える(これから苦難があっても

 

二人で耐えて乗り越えていけるように)の意味があるそうです。

 

また、熊には強い母性愛があることから”熊のようによい母になってね”という願いを込めて

 

はじめて小さなお子様にプレゼントされたりもしているんですね☆

 

結婚式には大変”縁起のいいもの”とされています♪

 

そのぬいぐるみですが、

 

お二人がお色直しで中座している間、高砂で活躍してくれたり、

 

両親への贈り物として人気なんですね★

 

自分の生まれた時の体重の重さに調整した”ウエイトベア”

 

結婚式で両親への贈り物として

 

自分たちを初めて抱いた時の気持ちを思い出してほしいという願いが込められています。

 

抱っこした瞬間、感動が溢れだすと同時に”感謝”の気持ちを伝えられます。

 

生年月日や出生時刻、生まれた時の体重や身長を刺繍で入れることができるので、それを見て親

 

御様は少し昔のことを思い出すのではないでしょうか?

 

ずっと記念のお品として残りますね☆

 

7.27 1

 

時には新郎新婦と同じ衣装で皆様に感謝の気持ちを伝えてくれたり、

 

7.27 2

7.27 5

 

中にはキャラクター物や、こんな変わったものも、

 

7.27 4

 

思い出の写真が熊の中に入っています♪

 

両親へのお手紙とウェイトベアが一つになったものも☆

 

7.27 3

 

これから記念のお品をお探しの方、いろんな”カタチ”の感謝を探してみませんか??

 

スタッフ一同、皆様にお会いで来る日を心よりお待ちしております☆